Asuka Academy

受講案内よくあるご質問about usニュース




 TU Delft(デルフト工科大学)
IMAGE PHOTO
[TU Delft]
持続可能なエネルギー Part 2
分野:環境
開講中!
お申込みはこちらをクリック
講義内容
TU Delft(デルフト工科大学)が提供する「持続可能なエネルギー( Sustainable Energy: Design A Renewable Future ) 」。

持続可能なエネルギーへの世界的な移行が急務となっています。 持続可能なエネルギーとは尽きることのないエネルギー資源から得られるものです。持続可能なエネルギーに関する技術とは、風力、太陽光、バイオマスなどの再生可能エネルギー源の利用技術と、エネルギー効率を改善するための技術が含まれます。

本コースではエネルギーの使用量削減の可能性と、さまざまな再生可能エネルギー源を見ていきます。 その上で、従来型のエネルギーシステムに持続可能エネルギー源を統合し、将来的に 100% 持続可能となるエネルギーシステムを設計するエンジニアリングアプローチを学びます。

Part2 ( Week 3、Week 4 )では、エネルギー分析と持続可能なエネルギー政策を見ていきます。 講師は Professor Kornelis Blok と Associate Professor Laurens de Vries です。

IMAGE PHOTO

学習目標
以下の事項についての知識やスキルの習得が学習目標となっています。
  • 輸送、産業、建物におけるエネルギーの使用状況を知り、削減の可能性を検討する
  • 風力、太陽光、バイオマスなど、さまざまな再生可能エネルギー源のポテンシャルを計算し、エネルギーシステムに統合する方法を学ぶ
  • さまざまな持続可能エネルギー技術の利点と限界を理解する
  • 100% 持続可能なエネルギーシステムの計画を設計する
IMAGE PHOTO

学習内容
Part 2の内容
WEEK3: エネルギー分析:
18) 3.0 Week 3 イントロダクション
19) 3.1 エネルギーシステム
20) 3.2 国のエネルギー収支の構築
21) 3.3 国のエネルギー収支を読み解く
22) 3.4 エネルギー使用の決定要因
23) 3.5 未来のエネルギーを決定づけるエネルギー効率
24) 3.6 世界のエネルギー使用の傾向とシナリオ
25) 3.7 未来のエネルギー需要
26) 3.8 未来のエネルギー供給
WEEK4: 持続可能なエネルギー政策:
27) 4.0 Week 4 イントロダクション
28) 4.11 電力市場の理解 - 基礎
29) 4.12 電力市場の理解 - 電力交換
30) 4.13 電力市場の理解 - 長期二国間市場
31) 4.2 規制の必要性
32) 4.3 再生可能エネルギー政策
33) 4.4 CO2 政策
34) 4.5 エネルギー効率政策
35) 4.6 展望 - 再生可能エネルギー市場の設計

Part 1の内容
WEEK1: エネルギーの利用状況:
WEEK2: 再生可能エネルギーの発電方法:
Part 3の内容
WEEK5: 風力エネルギー:
WEEK6: 太陽エネルギー:
WEEK7: バイオマス・エネルギー:
Part 4の内容
WEEK8: 配電システムへの統合:
WEEK9: エネルギーの貯蔵:
facebookでシェア twitterでシェア はてブでシェア Googleでシェア
分野 環境
前提となる知識 高校レベルの物理学(力学、熱力学)や数学(微積分)の基礎知識があると望ましいです
想定学習時間 3時間
修了認定テスト
修了証書発行
なし
受講期間 期限なし
講座サンプル
講師
(Week 3)Professor Kornelis Blok
(Week 4)Associate Professor Laurens de Vries
翻訳ボランティア
謝辞
本コースの日本語翻訳は、下記のボランティアの方のご協力によるものです。ここに厚く感謝申し上げます。

橘幹夫様、中尾あき子様、増田萌子様(五十音順)
権利関係
この講座はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で提供されています。
Creative Commons logo with terms BY-NC-SA.
Tu Delft(デルフト工科大学)
オランダ最古の工科大学で、ヨーロッパでも非常に高い評価を受けている名門校。土木工学、建築、航空宇宙学などがとくに有名。大学のロゴはギリシャ神話にある「プロメテウスの炎」を表しています。
http://www.tudelft.nl/



Copyright © NPO Asuka Academy. Except where otherwise noted, content created on this site is licensed under a Creative Commons License.


受講案内よくあるご質問about usニュース利用規約などお問い合わせ
NPO支援会員募集翻訳ボランティア募集