Asuka Academy

受講案内よくあるご質問about usニュースお問い合せ




 TU Delft(デルフト工科大学)
IMAGE PHOTO
[TU Delft] 循環経済 Part 1
分野:社会課題、環境
開講中!
お申込みはこちらをクリック
講義内容
「循環経済( Circular Economy )」とは、「線形経済( Linear Economy )」にかわるものとして、注目されているものです。

線形経済は「調達( Take )→生産( Make )→消費( Use )→廃棄( Dispose )」という形でプロセスがリニアに進み、終わるものです。 現在の大規模な経済状況においては、直線経済は、もはや持続可能なモデルではありません。原材料の調達規模も廃棄物も、膨大になってきています。

IMAGE PHOTO

循環経済は、原材料の調達と廃棄物の生成の問題を、「ループを閉じる」ことによって改善することを目指すモデルです。循環経済を持続的に実現していくためには、新しい価値創造とビジネスモデルが必要です。また、研究者や設計者(デザイナー)は、ループの効率性を極限まで高めるために、さまざまなイノベーションの創造に、日々取り組んでいます。

IMAGE PHOTO  

本コースのPart 1では、まず循環経済の概要と基礎的理解、そのビジネス価値とビジネスモデルを学びます。そして、循環経済を支える技術開発について、事例を見ていきます。 また、Part2では、「再製造(Remanufacturing)」というビジネスや実際のプロセスについて、また、「バタフライ・ダイアグラム」による生物的・技術的なサイクルの理解、テキスタイル産業の循環経済事例などを学びます。

IMAGE PHOTO

このコースで、循環経済モデルの持続可能性を学び、より循環的な未来形成への可能性を考えていきましょう。
学習目標
  • 「線形経済( Linear Economy )」と「循環経済( Circular Economy )」の概念を理解する
  • 循環経済を持続的な活動していくための、ビジネス価値・ビジネスモデルを知る
  • 循環経済の効率を高めていくための多様な技術について、事例を通して知る
  • 再製造・リサイクルについて、事例を通して知り、考える
  • 「バタフライダイアグラム」を用いて、循環経済の総合的なプロセスについて考える
  • テキスタイル産業など、さまざまな事例を通じて、循環経済の実装状況について知り、考える
学習内容
本講座は動画講義を中心に、以下のように構成されています。
  • Module 1. What is the circular economy?
  • Module 2. Business Value in a Circular Economy
  • Module 3. Longer Lasting Products
Part 2 の内容)
  • Module 4. Remanufacturing
  • Module 5. Waste = Food
  • Module 6. Thinking in Systems
facebookでシェア twitterでシェア はてブでシェア Googleでシェア
分野 社会課題、環境
前提となる知識 とくになし
想定学習時間 3時間
修了認定テスト
修了証書発行
なし
受講期間 期限なし
講座サンプル
講師
Conny Bakker ( info ) 
David Peck ( info ) 
Ken Webster ( info ) 
翻訳ボランティア
謝辞
本コースの日本語翻訳は、下記のボランティアの方のご協力によるものです。ここに厚く感謝申し上げます。

井上美也子様、伊豫田 朱音様
ウォルトン みちよ様、大久保佐世子様
大下加奈恵様、大島 瑶子様
大谷一朗様、片山朝子様、小林一三様
木場 遥香様、椎名瞳様、志喜屋惟様
染谷広幸様、高尾昌子様
田中加奈子様、田中惠様、中山可南子様
野島由美様、松本 漠様、吉津美那子様
(50音順)
権利関係
この講座はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で提供されています。
Creative Commons logo with terms BY-NC-SA.
Tu Delft(デルフト工科大学)
オランダ最古の工科大学で、ヨーロッパでも非常に高い評価を受けている名門校。土木工学、建築、航空宇宙学などがとくに有名。大学のロゴはギリシャ神話にある「プロメテウスの炎」を表しています。
http://www.tudelft.nl/



Copyright © NPO Asuka Academy. Except where otherwise noted, content created on this site is licensed under a Creative Commons License.


受講案内よくあるご質問about usニュース利用規約などお問い合わせ
NPO支援会員募集翻訳ボランティア募集