Asuka Academy

受講案内よくあるご質問about usニュース




 OU(オープン・ユニバーシティ)
IMAGE PHOTO
[OU](60秒でわかる)英語の歴史
分野:教養・文化
開講中!
お申込みはこちらをクリック
講座内容
英国国立オープン・ユニバーシティが提供する、人気の「60秒でわかる」シリーズ!
1コマ1分前後のアニメーションで、教養や文化のコンテンツを楽しく学びます。

今回は「英語の歴史」。アングロ・サクソンの時代からノルマン征服、欽定訳聖書の発表、辞書の登場、帝国主義やアメリカの登場などをへて、英語はグローバル言語として確固たる地位を占めるようになりました。いまではインターネット独特の英語、インドやシンガポールの英語など、さらに多様な言語となっています。英語の歴史について、10本のアニメーションで学びましょう。
Anglo-Saxon
(アングロ・サクソン)
アングロ・サクソン人やバイクングが英語にもたらしたのは、日常的に使われる多くの単語でした。Tuesday、Wednesdayなどの由来を知っていますか?

The Norman Conquest
(ノルマン征服)
1066年、征服王ウィリアムがイングランドを支配。フランス文化の影響を受けて、英語は変化しました。Pig(豚)とpork(豚肉)はもともと由来する言語が違うのです。
Shakespeare
(シェイクスピア)
シェイクスピアはたくさんの英単語やフレーズを発明しました。その数は2000に上ります。Eyeball、anchovy、puppy、green eyed monster、break the ice…。いくつわかりますか?

The King James Bible
(キング・ジェームス・バイブル)
1611年、聖書の新訳(欽定訳聖書)が発表されました。今でも多く使われているさまざまな英語表現が、この新訳を元としています。
The English of Science
(科学の英語)
17世紀になると数多くの科学者が登場しました。フック、ボイル、ニュートンなど。そして、物理・化学・生物学などに関することばがたくさん生まれてきました。

English and Empire
(英語と大英帝国)
帝国主義の時代、大英帝国は世界をめぐる中で、各国からさまざまなことばを文化とともに持ち帰りました。英語はすべてを飲み込み、世界各国に発展していきました。
The Age of the Dictionary
(辞書の時代)
辞書編集者の登場は、英語に秩序をもたらしました。初期の辞書は高さが18インチもありました。オックスフォード大辞典は編纂に70年を要しました。

American English
(アメリカン・イングリッシュ)
アメリカは、英国以外にもさまざまな国から、ことばを輸入しています。ピザやパスタはイタリア由来、クッキーやコールスローはオランダ由来の英語なのです。
Internet English
(インターネット・イングリッシュ)
インターネットでは多くの略語が使われています。「FYI」や「FAQ」はわかりますね。では「LOL」や「IMHO」は? 「UG2BK」は? ネット独特の英語をご紹介。

Global English
(グローバル・イングリッシュ)
英語は世界に広がり、さまざまな言語を吸収し、変化してきました。今では15億人が英語を話し、Hinglish、Chinglish、Singlish なども使われています。
分野 教養・文化
前提となる知識 とくになし
想定学習時間 1時間
修了認定テスト
修了証書発行
なし
受講期間 期限なし
講座サンプル
翻訳ボランティア
謝辞
本コースの日本語翻訳は、下記のボランティアの方々のご協力によるものです。ここに厚く感謝申し上げます。

内原裕子様、鈴木もなみ様
(family name 50音順)


Copyright © NPO Asuka Academy. Except where otherwise noted, content created on this site is licensed under a Creative Commons License.


受講案内よくあるご質問about usニュース利用規約などお問い合わせ
NPO支援会員募集翻訳ボランティア募集